スポンサーリンク

失敗したときに自分を励ます言葉

失敗したときに自分を励ます言葉

僕の失敗の一部については、こちらの記事で触れています。

僕は失敗をたくさんしてきました。
取り返しの付かないものもありましたし、今からでも取り戻せる失敗もあるでしょう。
失敗するたびに落ち込んでいた僕が何度も立ち上がってまた失敗をしてきた考え方をシェアします。

成功/失敗が分かることは大きな一歩

出来てるのか出来てないのかの判断によって次の行動が変化します。
これは出来たから次のステップにいこう。分からなかったら戻ってやり直そう。という具合にです。
もし成功か失敗かが分からなければどうでしょうか。

自分が行ったという事実だけで判断して前に進んで、どこで間違えたのかが分からなくなります。
いつまでもひとつの夢を諦めきれないのは、成功/失敗の答えが出ていないからです。

僕のギャンブル格言

関係ないように思われるかもしれませんが、麻雀・パチスロなどで僕が心に刻み込んでいた言葉があります。
『続けるのには理由が要る。辞めるのには理由が要らない』
どれだけお金を突っ込むかには理由が必要ですが、手を引くことについては理由が必要ありません。
成功する”かも”しれない失敗する”かも”しれない。という二つの考え方に”自分の判断で辞められる”が加わることでリスクを最小限に抑えることができます。

ちなみに僕はパチスロを通算で勝ち越したまま引退しました。

努力と運のバランス

みなさんが手にした成功は努力によるものでしょうか。
成功の殆どが運に影響されているとは感じないでしょうか。

あなたが風邪を引かなかったのは体調管理がしっかりしているからですか?
風邪を引かないように努力をしたので風邪の症状は出なかったわけですね。
しかし、試験の日に事故に遭わなかったのは運ではないでしょうか。

人が一生のうちに事故に遭う確率は35%ほどあるそうです。
たまたま大事な日に事故に遭わなかったとしても、高い頻度で事故は発生しています。
そしてそれは気をつけて回避できるものではありません。
つまり、あなたが事故に遭ったことがないのは運です。

運といえば確率の話になります。
麻雀は確率のゲームなのですが、運のゲームだとよくバカにされます。
運ゲーにも運ゲーなりに理論や法則があるのですが、どうしてもそれを認めない人がいるものです。

成功が運であれば、確率が適用されます。
つまり、手数を増やせば成功の数が増えます。
挑戦する回数が増えれば、手に入れる回数も増えるわけです。

よく考えてみると多くの人が『継続するために努力している』ことでしょう。
または、『失敗することが努力』なのです。

成功が運だと考えるならば、失敗の数が増えれば増えるほど成功に近づいているということになります。

失敗しても大丈夫

たった一度の失敗で、積極的に命を狙われることはまずありません。
やってみてダメで、その後またダメだったとしても大丈夫です。
失敗しながら修正すれば良いのです。
トライ&エラーは、本を読んで勉強するよりもためになります。
上司に対しても「AとBを試しましたがダメでした。だから今からCを行います。もしそれでダメならDを行います」という報告をすれば、納得してもらえるでしょう。

自分の現状を考える

置かれている状況を冷静に考えてみましょう。
この際、”かもしれない”という可能性の話を脇に置いて考えるのがコツです。

椅子に座っている。
呼吸をしている。
お腹が減っている。
今日はよく眠ったから眠くない。
昨日からお風呂に入っていない。
ここはお店の中。
パチンコ屋で負けている最中。
負けた金額は2万円。
残金5000円。
給料日まであと5日。
1日に1000円も使える。

と、思考を巡らせていくと「帰ろう」と思えてくるはずです。
何か問題に直面したときは現状把握を行いましょう。

失敗は取り戻せる

失敗してしまったことをなかったことにはできません。
しかし、その失敗を取り戻すことができるのです。

夜のお店では、お客様の前で失敗してしまうことを「粗相(そそう)をする」と言いました。
面白い話をしている先輩を遮って、場をしらけさせてしまったりする場面でも使われていました。

そういったときの取り戻し方は、やはり一気飲みでした。
ミスを認めて責任を取ったと見なされて先輩やお客様から許してもらえるわけです。

まとめ

失敗しても「なんとかなる」ことを自分に言い聞かせることは、自分を励ましているということです。
自分を励ましてプラスの方向で頑張れるように維持できれば、失敗していたことを成功させることができます。
これはどんな状況にも当てはまります。

失敗を恐れず、手数を増やすことで成功に近づいているのです。
宝くじを毎月購入するのだって手数を増やしていると言えます。
1000年、10000年と購入し続けていれば、いつか当選することもあるでしょう。
問題は命があるうちに当たるかどうかが分からないことにありますが……。

失敗することを恐れて何もしないよりは、失敗して落ち込んでいる方が強いわけですね。
そこまでできたら、あとは自分を励まして前に進むだけです。
僕と一緒に、自分を励まして進んでいきましょう。

スポンサーリンク